ラグマット・カーペットの歴史

ラグマット・カーペットの歴史

ラグマット・カーペットの歴史

ラグマットやカーペットなどの敷物の歴史は、まだ洞穴や洞窟などに住んでいる時代まで遡り、今から5000年から6000年前に使用されていたそうです。

その時には、獣などの毛皮を下に敷くのが始まりと言われています。

3000年前頃になると現在のイランあたりから毛足のあるカーペットが生まれました。

ゴブランラグ 花柄 長方形

この手織りのじゅうたんの技術がシルクロードを渡ってヨーロッパに伝わりました。

そこから世界各国に広まりました。ただ、機械化までにはかなり時間がかかり、18世紀に機械織りのラグマット・カーペットが誕生しました。

その後、アメリカでタフテッドカーペットが開発され、現在最も普及している生産方法となっています。

日本の敷物の歴史は意外と古く、縄文時代のころには植物を素材としたむしろのようなものが作られていたと考えられています。

絨毯やカーペットとしての伝来は室町時代頃となり、江戸時代から国内で緞通と呼ばれる敷物が生産されるようになりました。

ラグ・カーペットの歴史は人が住むところには欠かせないものだったのが分かると共に、昔からの技法が現在まで生きており、進化を重ねて多様な種類が出来てきたことが分かりますね。

 

ラグ・マット・カーペットはこちらからご購入頂けます。