ラグマット・カーペットの流行は?

ラグマット・カーペットの流行は?

ラグマット・カーペットの流行は?

グ カーペット 長方形 ウィルトン モダン 東洋紡

ラグマットやカーペットは生産量からするとタフテッドカーペットやタフトラグマットと呼ばれるものが現在の主流になっています。

この生産方法は田植えのように基布と呼ばれる布にミシン針でパイル(毛足)を植ていく方法で、裏には縫い目を固定するためゴムや接着剤を使います。

この方法は生産速度が非常に速い為、安価で大量生産が可能になります。

製法的には、このタフテッドのカーペット・ラグマットが主流ですが、高級なカーペットやラグマットとなると、ウィルトン織りの物も人気です。

生産量はタフテッドに比べると大きく落ちますが、魅力としてはパイルの長さを自由に変えたり、織ることでしか出来ない模様や柄が多彩にある点が違いになります。

また、1枚織るために4種の糸を使う為しっかりとした耐久性も魅力の一つです。

その他、生産量は非常に少ないですが、手織りのじゅうたんやギャベといった1点物の敷物も再評価されています。

機能的には、防カビ・防虫はもちろん抗アレルゲンや抗ウイルスなど高機能のものが人気のようです。また高層マンションなどが増えている為、消防法により防炎加工を付けたラグマット・カーペットも多くなってきました。インターネットのキーワードでは”シャギーラグ”や”北欧””マイクロファイバー”などが人気のキーワードのようです。

ラグ・マット・カーペットはこちらからご購入頂けます。