ラグマット・カーペットの厚み

ラグマット・カーペットの厚み

ラグマット・カーペットの厚み

ラグマットやカーペットの構成は基本的には基布と呼ばれる裏面を作る部分とパイルと呼ばれる毛足の部分があります。

厚みの違いはこのうちのパイルの長さによって厚みが違うと感じる方が多いです。

もちろん毛足の長いラグマットやカーペットは、ボリューム感があり厚くなりますので、高級感がアップしたり肌触りや踏み心地がよくなります。

ラグ カーペット 低反発 ウレタン ラビット プレーベル

ただ、厚みの分だけ脚に引っかかる場合もありますし、小さな食べこぼしやほこりが入るとなかなか掃除がしにくいといったデメリットもあります。

ここ数年で人気のラグマットに、基布の間にやや厚みのある低反発ウレタンを入れて座ったり寝転がったりする際にクッション性を持たせたタイプの物も増えてきました。

こちらも非常にソフトで気持ちの良いものなのですが、ウレタンの特徴として飲み物などをこぼしてしまった時のお手入れが難しいという部分もあります。

薄手のタイプの物では、平織と呼ばれるパイルの出ないタイプのカーペットもあります。

ラグ カーペット 平織 長方形 モリヨシ

こちらは薄手なのでさらっとした感触で比較的軽いものが多く、夏場の敷物としてや、ダイニングラグとして使う場合もあります。

また柄によってはアジアンテイストのラグとして選ばれる方もいます。

ラグマットやカーペットは厚みでもテイストが変わりますので、選ぶ際にはこの部分も気にしてみてください。

ラグ・マット・カーペットはこちらからご購入頂けます。